通信制高校の転入について

資料を取り寄せて比較検討することが大切

通信制高校の様々な様々な疑問を解決します学年の途中の場合その学年で履修している単位の引き継ぎができない資料を取り寄せて比較検討することが大切

1週間から10日ほどの余裕を見ておけば安心です。
流れとしてはまず最初に願書を取り寄せます。
在籍する高校に必要書類の発行を依頼し、入学願書などの作成を行い、受験料の振り込みを行います。
必要書類を通信制高校に郵送したら、書類審査や面接、場合によっては学力試験を受けます。
合否判定が行われ、見事合格を果たすことができれば入学手続きとなります。
願書は通信制高校の資料を取り寄せることで、多くの場合資料と一緒に同封されています。
募集要項や願書、入学までの手続きなども把握することができるので、資料は是非とも取り寄せたいところです。
具体的に必要となる書類としては、自分で作成するものは入学願書と、学校によっては作文が必要です。
在籍する高校へは、成績、単位取得証明書、在籍証明書などを依頼します。
そのほかにも証明写真や受験料の振込証明書、学校によっては健康診断書も必要となるでしょう。
必要書類は入学する学校により異なりますが、作文や健康診断書は必ずしも必要であるわけではありません。
最後に学費についでですが、通信制の場合には学費は必要な単位数で決まるといえるでしょう。
1単位が1万円の場合には、10単位を受講した場合には10万円となります。
それとは別に施設の利用料や教材費などがかかってくることでしょう。
通信制高校の学費は単位数により異なるので、意外とリーズナブルに済ませられることがほとんどです。
学校によっても学費は様々なので、資料を取り寄せて比較検討することが大切です。