通信制高校の転入について

学年の途中の場合その学年で履修している単位の引き継ぎができない

通信制高校の様々な様々な疑問を解決します学年の途中の場合その学年で履修している単位の引き継ぎができない資料を取り寄せて比較検討することが大切

学年の途中の場合には、その学年で履修している単位の引き継ぎができないため十分に注意しましょう。
転入の場合と同じ学年の人たちと一緒に高校卒業できるようにとカリキュラムなどを配慮してくれるところもあります。
時期と単位取得状況により異なるので、まずは学校に相談することが大切です。
何か試験や面接などを受ける必要があるのかと気になる人も多いかもしれませんが、一般的には書類審査と面接が基本となります。
通信制の場合には様々な事情をもった人が入学する傾向にあります。
これまでになかなか学校に行くことができずに勉強ができなかった人や、病気で毎日通学することができない人、集団生活が苦手な人など、その事情は人により様々です。
このような人たちを受け入れることができるようにと、通信制高校の場合には、学力によって生徒の選別を行わないことが基本となっています。
そのため書類審査だけ、もしくは書類審査と面接だけという学校がほとんどとなっているでしょう。
しかし大学受験を目指すような進学コースを選んだ場合には、生徒の学力を確認する目的で学力試験が行われるところもあります。
必要となる書類と手続きについては、自分で作成する書類だけではなく、現在在籍している高校に作成してもらう種類も必要となります。
これらは依頼したとしてもすぐに発行されることはないので、時間に余裕を持ち、できるだけ早く依頼するようにしましょう。