通信制高校の転入について

通信制高校の様々な様々な疑問を解決します

GO通信制高校 | Go!通信制高校

通信制高校の様々な様々な疑問を解決します学年の途中の場合その学年で履修している単位の引き継ぎができない資料を取り寄せて比較検討することが大切

現在通っている高校をやめたい、高校を中退したいと考えているけれども高卒の資格を取りたいという場合の一つの手段として、通信制高校に行くことが挙げられます。
転入手続きを取ることによって、別の高校で修得した単位を引き継ぐこともできるので、効率の良い卒業につなげることができるでしょう。
しかし実際に転入しようと考えたとしても、いつの時期でもできるのか、卒業までにはどれくらいの時間がかかるのか、入学する際に試験や面接は必要となるのか、学費はどれくらいかかるのかなど、様々な疑問が生じるものです。
これらの疑問についてはすべて解決してから臨むようにしましょう。
転入と似た言葉として編入という言葉もありますが、これらには大きな違いがあります。
まず転入とは学校に在籍している間に手続きを行い別の学校に入学することを指します。
一方の編入は学校を中退してから別の学校に入学することを指しています。
転入の場合は高校に在籍している期間に空白がつくられることはありません。
随時入学可能としているところが多い半面、編入の場合には時期を限定しているところがほとんどです。
編入の場合にはせっかく希望の高校があったとしても、入学できる時期まで入学を待つ必要があります。
入学を待たなければならないということは、その分卒業する時期も遅れることになるので、できるのであれば在籍している高校から中退することのないようにした方がよいといえます。
気になることの一つとして単位の引き継ぎがあげられることでしょう。
以前在籍していた高校で単位を取得していたのであれば、その単位が引き継がれることになります。
しかし多くの全日制高校の場合には学年制を採用しているため、単位を修得するのは進級の時になるでしょう。
学期ごとではなく1年を通じ授業やテストを受け合格し、単位を取得した者だけが通信制高校に引き継ぐことが可能です。

昨日は残念でした。

後は、ご本人が年頭の抱負に上げていた、時間の使い方等の経験値の積み上げでしょうか。

高校生活と両立のハンディを抱えながら、良く頑張られていると思います。
羽生先生でさえ、普通の高校から通信制高校へ転校されましたから。

頑張れ!! 聡太先生。

— 碁盤に駒 (@i_love_Go_Shogi) 2019年3月11日